Hello world!

1 comment

Hello Concerto!! – 『ラ・ストラヴァガンツァ』

ようやく私たちが普通にヴァイオリン協奏曲と感じるスタイルはヴィヴァルディが確立する。ヴィヴァルディは1曲を1,000通りに書き分けたと言われるくらいに、執拗に繰り返し作曲し演奏した。ピエタの女子達がいたから実践には事欠かなかったわけですが。

その最初の作品が、『ラ・ストラヴァガンツァ』 — その意味は奇妙、狂態・・・ソリストが名人芸を披露するのは、俺たちは添え物かよってアンサンブルに振り分けられた演奏者は戸惑うやら、不満をいうやら。それまでのコンチェルト・グロッソとは全ての演奏者が均等だったのですから、名前を知られてご褒美をいただけるには競いあう必要がクラシック音楽の世界でも、この時に始まった。

Has one comment to “Hello world!”

You can leave a reply or Trackback this post.
  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

You must be logged in to post a comment.